沖縄で民泊するならSHAKE HANDS

これで準備万端!!Airbnbを始める際に住居を民泊仕様に変える6つのアイデアと43のアイテム

民泊を始めたいものの、何から手をつけたら良いのかわからないという方は少なくないのではないでしょうか。

ユニークで心のこもったホスピタリティがゲストからの高いレビューとairbnbでのランクを上げることに繋がることは周知の事実です。

しかし、そのために何から始めれば良いのかわからないという方のためにも

今回はホストとして知っておくべき6つの基本的な考え方と43のアイテムをご紹介します。

徹底的に掃除をする

散らかった空間を快適に思う人はおそらくいないはず。ゲストが滞在する空間は常に清潔に保ちましょう。

もし掃除の腕に自信がないならプロの掃除屋さんを雇うのも一つの方法です。

民泊に宿泊される方の中にはまだ不安感を持ったまま宿泊される方も多いです。

ホテルのような空間をイメージして来たものの、髪の毛は落ちていたりシーツはしわくちゃだったりならば

恐らくもうその方は民泊での宿泊はないでしょう。

ゲストにとって役に立たない私物は片付ける

ゲストにとって有益でないものや、ゲストには使って欲しくないものも自分の家ならあるはずです。

その場合ゲストの目の届かないところに置いておくか、その空間から省く必要があるでしょう。

いくつかご紹介します。

・個人の歯ブラシや、カミソリ、シャンプーなどの衛生用品

・衣類、靴

・パソコン、カメラなどの貴重品

・宝石、貴金属

・ホストの個人情報がわかる書類等

これらのものはゲストには不必要ですし、ホストにとってもの無くなったら困るものです。

なので初めからどこか別の場所へ移動させておくか、鍵付きのロッカーなどにしまっておきましょう。

ゲストにとって役に立つ私物は置いておく

逆に全ての私物がゲストにとって役に立たないということはありません。もしあるなら残しておいて欲しい物は以下のようなものです。 

・DVDやテレビゲーム

・本、雑誌

・周辺地域の地図、または案内本

・緊急の連絡先(ホストの連絡先はもちろん警察、救急車等)

・充電器

おもてなしの心を大切に

高級ホテルや他の民泊に勝つためにゲストを最大限のおもてなしで迎えることは非常に重要です。

多少の投資は必要ですが長い目で見れば高いレビューや、Airbnb内でのSEO上昇など良い形でホストに返ってきます。

最低限備えるべきものに加えて、もしあればゲストの満足度が高まるアイテムをいくつかご紹介します

・ブランケット

・予備のタオル

・予備の枕

・エアマット

・目覚まし時計

・ペーパータオル

・ティッシュ

・シャンプー、コンディショナー、ソープ

・ドライヤー

・使い捨てのカミソリ

・シェービングクリーム

・歯ブラシ

・歯磨き粉

・電子レンジ

・オーブン

・砂糖、塩、油

・コーヒーメーカー、コーヒー、お茶

・ナイフ、まな板、食器類

・湯沸かし器(ケトル)

・掃除機、ほうき

1日の疲れを癒す睡眠は重要

ゲストは日中の疲れを癒し翌日に備えるために良質な睡眠を取る必要があります。

特にゲストの滞在日数が長ければ長いほど睡眠の質はゲストの満足度に関わってきます。

最高の睡眠を提供するために必要なものをいくつかご紹介します。

・遮光カーテン

・調光できるライト

・肌触りの良いシーツ

・その季節ごとに適したブランケット

・スリッパ、アイマスク、耳栓

・空調機器、扇風機

ワンランク上のサービスを

五つ星ホテルに勝るとも劣らない最上級のサービスでゲストの心を揺さぶりましょう。

これまでにご紹介したアイテムだけでも十分なおもてなしですがこれからご紹介するアイテムがあれば、

そのホストの家での経験はゲストにとって忘れられない思い出になるでしょう。

・滞在中に使える携帯電話やタブレットとsimカード

・近隣のレストランやデリバリーメニュー

・近隣のイベントやアトラクション、レストランのクーポンチケット

・自転車やバイク

・季節に応じた新鮮な果物や、チップスなど

・水、炭酸水

・空港送迎サービス

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は現在の住居を民泊仕様にするために必要なアイテムをご紹介しました。

これに加えて、清潔なタオルや整理整頓はもちろんのこと、

ホストの直筆メッセージなど細かな心遣いがゲストの心をつかむために重要になってきます。

しかし、一番大切なことはホスト自身が心からゲストをもてなそうとする気持ちです。

その気持ちがあれば自ずとゲストにも伝わり、良い結果が生まれるでしょう。

それでは皆さんこれからも一緒に民泊を盛り上げていきましょう!

お問い合わせはこちらから