沖縄で民泊するならSHAKE HANDS

民泊の経営が小規模都市に適しているその理由

短期滞在の民泊業を営む場合において成功するには、東京のような大都市に拠点を置く必要があると考えている人は多いと思います。

しかしこの常識は間違いで、実は小規模都市の方がより多いチャンスを持っています。

特に、たくさんの観光客で賑わう沖縄や北海道などのような土地は民泊に適していると言えるでしょう。

以前は、それほど多くの競争相手もおらず、誰もが、どのようにして短期滞在をメインとした民泊業のノウハウを知らなかったため、

民泊業の経営を大都市で始めることは理にかなっていました。

しかし、多くの人がビジネスにおける短期滞在の民泊業の可能性を理解し始めるにつれて

競争は激化し、規制が厳しくなり、価格の低下が始まりました。

小規模都市の利点

小規模都市では通常、民泊を営むホストが少ないため、需要が供給を上回ります。よって高価格の実現が可能になります。

競争率の低下と規制の少なさなどの利点も含めて、短期滞在の民泊業を営むのに、適していると言えるでしょう。

小規模都市はこの需給のバランスが崩れていることがよくあります。

小規模都市で民泊運営をするには

民泊が主に観光客をターゲットにしている以上、オンシーズンとオフシーズンがあります。

特に、小規模の都市がオフシーズンになると、ゴーストタウンのようになってしまう事は良くありますよね。

なので、あなたが小規模の都市で民泊の経営を行う場合、180日間は満室に近い状態を保つ事が出来ても、

残りの期間は空室がほとんどといった状況になることも考えられます。

オフシーズンにおける問題の解決

オフシーズンに対応するためには、ビジネスモデルを切り替える必要があります。

その一例として、オフシーズンの半年間はあなたの物件を賃貸物件として貸し出すことです。

都市部においては観光のオフシーズンであっても、ビジネスで訪れる宿泊客がいる為

オンとオフでそこまで差はないのでこの戦略は当てはまりませんが、それ以外の場所では有効的な運営手法となります。

現に私の沖縄北部に物件を持っている友人もそのように運営しています。

その地域のfacebookページなどでウィークリーやマンスリーの宣伝するをするのも効果的でしょう。

多くの地域で、6ヶ月間などの長期滞在が可能な物件を探している人のコミュニティやページがあるので、

そのような場で物件の情報を掲載してみると良いでしょう。もちろん頼める不動産業者さんがいると一番ですね。

民泊の運営業者さんでもマンスリーやウィークリーの対応をしている場合があるので聞いてみるといいでしょう。

小規模都市における民泊経営で工夫できる3つの手法

1、プロの写真家に掲載写真を依頼する

ページに掲載する写真は非常に重要です。(こちらの記事も参考にどうぞ→ここの民泊なら泊まってみたいと思われる写真選びに重要な10のポイント

もちろん、あなたが最高に素晴らしいインテリアや、物件を保有していれば理想ですが、

写真にその素晴らしさを反映できなければ役に立ちません。ゲストがあなたの物件の写真を見て、

予約することがなければ、あなたの素晴らしい物件をゲストにお披露目する機会もありません。

あなたが掲載する写真に悩んでいるなら、プロの写真家にお願いすると良いでしょう。

2、カリスマ性のある文章でゲストの心を掴む

紹介文であなたの物件を予約する必要性をゲストに訴えかけましょう。

そのためには、単に物件の特徴を述べるだけでなく、論理的、また感情的にゲストに訴えかける必要があります。

自分の物件のことならあなたは最も情熱的で優れたライターであり、あなたの物件のことをあなた以上に知っている人はいないはず。

もし文章を書くのが苦手なら、プロのライターに頼むと良いキャッチコピーを考えてくれるはずです。

3、柔軟な価格設定

多くのホストが一年中統一価格で、民泊を貸し出していますがこれは大きな間違いです。

需要が少なくなるオフシーズンは価格を低く設定し、需要のあるオンシーズンでは価格を高く設定しましょう。

また、平日と週末でも同様に需要と供給バランスに差が生まれるので、それに適した価格を設定するの必要がありますし、

祝日やゴールデンウィークなどの大型連休、さらに近隣でのイベントによっても同じ事が言えます。

当たり前の事を当たり前に行う事であなたの収益は2倍にも3倍にもなります。

最適な価格設定を自動で行なってくれるソフトなどもあるのでそれらを導入するのも良いでしょう。

4、地の利を生かす

その地域の特産品を紹介してあげる事です。

沖縄であれば美ら海水族館の割引チケットなどがコンビニ売られていますし、

地元のつながりでアクティビティ関係の仕事をしている人は沢山いるはずです。

そのような方々もお客様の集客につながるなら割引チケットの2枚や3枚すぐにくれるでしょう。

小規模都市だからこそ、その地域のコミュニティなどを通じてそのような方々と繋がるのは比較的簡単でしょうし、

そのような地域性の強いコミュニティならではの利点を民泊経営に生かしましょう。

まとめ

小規模な町や都市で民泊運営をする場合、その地域ならではの独自性に注目する必要があります。

ワインが有名な地域なら自分でワインのフリーテイスティングをゲストに振る舞うのも良いでしょう。

またその事を物件ページにて紹介しましょう。

あなたがその土地の名産や有名なスポットをちょっと調べるだけで小規模都市における民泊経営は絶好の機会となります。



お問い合わせはこちらから