沖縄で民泊するならSHAKE HANDS

Wishboxを使って民泊運営を効率化する

こんにちは。鈴木です。

 

現在弊社ではWishboxというサービスを利用しており、

使用する前と後では作業時間が半減し、固定費は半分以下になりました。

 

民泊運営をしている、これから考えている方々にはオススメのツールです。

というか使わないと勿体無いくらいです。なので弊社でも使用しています。

 

なぜWishboxをそんなにオススメしているのか箇条書きにしてみます。

 

・利用料が格安(1物件4ユーロ)2020/06時点

・自動で宿泊者全員分のパスポート情報を取得してくれる

・宿泊約款を事前に配布可能

・サインを直筆でオンライン取得可能

・自動でアップセルする事ができる

・チェックイン前からチェックイン後まで自動メール設定可能

 

アップセルと強調して書きましたが、ここで言うアップセルとは何かと言うと

宿泊予約をしてくれた方に対して、更にセールスをすることができるのです。

 

民泊で考えた場合、宿泊予約をしてくれた多くの方は旅行に来ています。

旅行で来ている場合、付随して飲食、移動、遊びにお金を使います。

特に決まってお金を使うのは『移動』です。

ならば宿泊予約をした際に一緒にタクシーの手配や、レンタカーの手配を案内したらいかがでしょうか。

宿泊客ならばついでに予約する手間が省けることで時間短縮となり、

タクシーやレンタカー会社の方はお客様を紹介してくれてありがとうとなります。

その仲介手数料として数パーセントの報酬を受けることができるのがWishboxのアップセです。

使わない手はありません。

 

が、しかし、

 

実はまだアップセルを販売している日本の企業は誰もいません(涙)

なのでこんな健気にブログを書いてWishboxを密かに応援しているのですwww

 

まだ日本語がサポートされていないし、広告も入ってないしで日本人の利用は私の知る限り誰もいませんが、

早ければもうすぐ大手企業がWishboxと提携、、、なんて噂もあったりなかったりです。

 

早くWishboxが普及し、多くの方にユーザーエクスペリエンスの向上を体験して頂ければと思います!

 

 

 

お問い合わせはこちらから